お疲れ様!

YAHOOの創業者であるジェリーヤンがCEOを辞任した。今回は1年半の短い期間だったが、今年に入ってからはMSの買収問題などで本当に大変だったと思う。1995年ぐらだったか、友人の家のお好み焼きパーティーで知り合い(今の奥さん)のボーイフレンドとして紹介されたジェリーはジーパンに迷彩服を着た普通の学生だった。それ彼がある日、突然、YAHOOを立ち上げローカル新聞のトップページを飾る。インターネットの覇者としてその後の隆盛は誰もが知るところだ。その後忙しい合間を何度か会って遊んだり食事したりしたと思うが、やはり有名になり会社の重責をになう立場として超多忙になり、付き合いも時候の挨拶程度になってしまった。最後に会ったのは、確か3年ぐらいまえの友人の結婚式だったと思うが、あれだけの企業のTOPになりながら相変わらず、飄々とした感じだったので妙に安心したことを覚えてる。気がついたら彼ももう40歳らしい。特に買収劇に際してはYAHOOに固執しすぎたという批判があったり(創業者として、その気持ちは十分に理解できる)、CEOというとてつもない重圧に踏ん張ってきて精神的にも苦しい立場にいたことは容易に想像できる。もちろん同社の前途はこれからが大変だとは思うが、少し肩の荷がおりたので、4月に生まれた2人目の子供にたっぷり時間を注ぐこともできるだろう。彼にとってはつかの間の休息かもしれないが、もし少しでも彼の時間がとれたら、彼を誘って旧知の仲間も集めて、また鍋パーティーでもしたいと思う。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*