からくり冶具

ここ最近の極端な株安、それ以前から続いている種々問題で本当に景気は深刻な状況だ。薄型TVで韓国の列強に追従しているS社は、本来であればクリスマス商戦に向けて一番忙しいはずのこの時期、金曜日の生産をストップし週4日の生産体制になった。いままで前の会社時代から10年以上御世話になっていたアトランタにあるP社の車載電装品工場もついに閉鎖しメキシコへの移管を決定。そして、年末にかけていくつかのプロジェクトを計画していた同じ電装品メーカーであるA社もそのすべてのプロジェクトを凍結した。本当にNEWSで見ているだけではあまり実感がわかない不景気というながれがここにきて一斉に自分のビジネスに影響を及ぼし始めた。そんな中、訪問したお客さんといろいろな話をしたのだが、生産に関しては、やはり設備投資は今の状況では無理、しかし全体的な経費削減のために人員削減以外に、歩留まり向上に貢献する対策を考えなければならないので、現在、総力をあげて知恵を絞っているのが「からくり冶具」の発案と製作だそうだ。このからくり冶具、いいかえれば普通の冶具なのだが、金をかけずに確実に効果を発揮するというコンセプトが第一条件で考えられているという。もちろん常日頃から行われているKAIZEN活動の延長線上にあるものなのだが、金をかけないということろに一つポイントがあるようだ。というわけで最近考え出されたこの「からくり冶具」のいくつかを紹介してもらった。残念ながらここで詳細は書くことができないのだが、見てくれにこだわらない非常に単純な原理で、かつ本当に効果がありそうなもので、かなり面白かった。潤沢に予算があれば出来合いのものを購入したり、見てくれなどを機にして材質に凝ったりすることができるものが本当にシンプルに、無駄なくきれいにまとまっている感じがした。「お金をかけない」というこのが大前提なので、このアイデアの数々は自分の商いには縁がないのだが、このような地道な活動が実は日本の強みであって(欧米のように単純に経費削減イコール人員削減ではないという考え)、本当の「ものつくり」の根底には、このような発想や製作が常にあるような気がして、これならまだまだ日本の「ものつくり」もいけそうかな?という気持ちになって自分もすこし元気になった気がした。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*