INTELのセットトップボックス市場参入のNEWSで考えたこと

3月12日にWSJ(ウォールストリートジャーナル)に掲載されたインテルのセットトップボックス(以下STB)市場参入のNEWSは非常に興味深かった。以前このBLOGにも書いたTV市場で生き残れる可能性の話がこんなに早い段階で現実味を帯びてきたという事もさることながら、インテルの壮大な構想を垣間見ることができたからだ。インテルは以前からGOOGLEをはじめとしたインターネット系のTVメーカーにチップセットを供給しているのだが、今回は自ら、このコンスーマー市場への参入を決定した(まだ100%確定ではないらしい…)。 BtoBを主体としてチップセットでは長年王者として君臨してきたインテル(未だに半導体市場の20%を抑えている)が、今回STBへの参入によって同社がこの先、このシステムとを利用して、さらにホームネットワーク市場の根幹を牛耳ろうというわけだ。勿論APPLEをはじめ、この先多数の強豪の参入は必至だがチップセットでイニシアティブをとっている点が同社の最大の強みだろう。
半導体エキスパートの先輩からの報告で、今年のCESでINTELは自社のブースでスマートフォンとTVをワイヤレスでつないでアプリケーションを走らせるDEMOを披露していたという。勿論これは、将来的にスマートTVに参入してくるメーカーに彼らのチップセットを売り込むためのものとも思えるのだが当然自社製品として、その技術をSTBに集約すれば彼ら自身がホームネットワークプラットホームの中心を抑える事も可能になる。想像するに家の中に設置されたインテルのSTBは、スマートフォンをリモコンとしてのインターネットTV機能に加え、ブルートゥースでの映像配信が完成すればICチューナを複数搭載することにより、家の中にある数台のディスプレイへの通常のブロードキャスティングの個別映像配信も可能になり、加えて家中のいろいろな家電製品のコントロールを可能に…といった具合に、次々を多様性のある機能(この部分はCLOUDに集約)を実現することができるものになる。そうなると市場としては一家に1台の需要が考えられるのだ。ここまで先を見越した戦略が本当であれば、とにかく凄い。こう考えるとICメーカーであるインテルが昨年セキュリティソフト大手のMcAfeeを買収するという一見無縁に見えたNEWSも(勿論SSDの普及により最近ではUSBにも埋めこみ型のセキュリティソフトが必要になってきているが)、コンシューマー市場参入を視野に入れていたとすれば「なるほど」と納得できる。
最近のデジタル化とネットワーク化の急速な進歩に伴い、このテクノロジーを利用して今年のCESで大きな話題を呼んだNEST(学習機能を持った空調コントロールシステム)のように、既存の設備やインフラをよりスマートにして新しいネットワークにつなげ省エネ化を実現するという部分に新しい市場の可能性がたくさん生まれてきている。日本でもLED照明の普及に伴い、スマートフォンと連動して出勤した社員が会社の玄関を入る際の認証で自分の机上のシステムと頭上の照明をオン/オフできる省エネモジュールを開発したスタートアップもある。
考え方によってはこれらを統合するプラットフォームとして、このインテル製のSTBが家内の必需品となる可能性は十分にあるのだ。この先数年というわけにはいかないだろうが、10年先には間違いなく、ここに家庭医療や教育といった部分も統合されてくるだろう。この10年、20年先を見越しての壮大な事業構想をもち、それをきちんと実践するところがアメリカのIT系大企業の凄いところだ。残念ながら既得権に胡坐をかいて未だに受信メイルを秘書にプリントアウトさせているような役員が多数いるであろう今の日本の大企業からは、このような凄さというか迫力は全く感じられない…。
実は、この新しい市場はハードウェア面からみるとすでに確立された技術の応用が中心でマネタイズするのは少し難しいかもしれない。しかしながら、ハードウェア生産需要の増加に伴い、その需要によってインテルのような素晴らしい里親(前々回の記事参照)にうまくADOPTされれば日本の中小企業も既存の優れた技術を駆使できる可能性もあるし、また独自にこの新しいネットワークから生まれる省エネ市場への参入の可能性も今の日本の中小企業の技術力をもってすれば十分にあると思う。こんなところに大いに期待してみたいし、是非少しでも考えてみてもらえたらと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です