シリコンバレーからの風

「シリコンバレーからの風」は 厚有出版発行の掲載誌「労働と経営」に掲載された全15回のシリーズコラムです。
内容は2002年からの古いものです。確かにITが中心となった現在は、この地での起業の中心もソフトで言えばアプリからビックデータ、クラウドと幅広く、ハードウェア産業の隆盛に伴い、益々多様化を様相ですが、製造業を中心に基本的なこの地の状況や考え方は当時とあまりかわっていないようにも思えます。少しでも何かの参考になれば幸いです。右側のそれぞれのログをクリックしてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*