Archive for 10/09/2014

進化するという事

少し前になるが、ビジネスパーソンとしての大先輩が代表を務めるDISCOのアメリカオフィスを訪問した。KIRU, MIGAKU, KEZURUを究極まで極め年商1,000億円をたき出す世界を代表する優良企業。その先鋒として、まだシリコンバレーという呼び名もなかった1969年に同社は早くも、ここにオフィスを設立し、半導体産業の隆盛とともにがっつり市場に食い込み、業績をゆるぎないものにしている。その同社が、これからも半導体では市場のステークホルダーになるであろう、この地において、どのようなマーケティングとR&Dを構築して、将来展開をしていくか、このあたりを中心に貴重な話を伺った。

やはり凄い!

少数精鋭で、日々の営業活動をこなしながら、しっかりとしたテーマを持ち、次世代の半導体、MEMS、MICROバッテリーといった分野へ積極的なマーケテイング展開。特に、この手の分野でメジャーな大学とは連携を中心に新技術におけるアプローチを早い段階から実施、また同分野のスタートアップ企業に対しては投資も含めた技術連携のアクション。とにかく目先の2~3年ではなく、基礎研究からの参画という、5年から10年先のマーケットを視野に入れたアクションは、本当に見事だと思う。
加えて、マーケットのみならず、会社自身の体質改善にも常に視線を向けている。個人の業績やチームの失敗、そういったものを全て物理的に金銭で評価する「WILL会計制度」。今まで長い間、普遍的に行われてきた社内の制度を徹底的に見直そうという「脱官僚制度」。単純に言ってしまえば誰もがおかしいと感じながらも過去から黙々と続いている稟議書にたくさんのハンコをもらうシステムを見直そう!というものだ。こういうところで社内を従業員みんなで盛り上げようとする運営に後押しされ、最前線では着実に未来に向けてのマーケティングを展開していく会社の運営には感動すら覚えた。

もう一社、やはり友人が代表を務めるY電機のアメリカオフィスでも話を聞いてみた。同社も1985年にはアメリカに会社を設立。以後、半導体用ソケットと中心に民生機器用のコネクターなどで市場を確立している。しかしながら2000年代に入るとアジア勢の攻勢により特に民生機器用の製品を中心に価格競争の渦中にまきこまれ、苦戦を続けながらも、持ち前の技術力で半導体分野ではしっかり大手に食い込み、そこで食い扶持を稼ぎながら、「繋げる」に特化したR&Dを展開。ソーラー用の劣化せず導電性を損なわないコネクターの開発や光ファイバー他、通信ネットワーク系のコネクターにも積極的に展開を試み、その製品は通信系最大手のQUALCOMMにも採用され、近い将来、間違いなく来るであろうCONNECTED CAR向けの安全性の高いコネクターなども開発案件として視野に入れ既にテスラにも実績を作っている。

日本でいう中堅どころのこれらメーカーが日本の大手に依存せずにある程度の規模を維持、発展させていくためには、やはりグローバルな展開が不可欠であるという事を、彼らのアクションが如実に物語っている。 そして現状を十分に理解し将来的には日本にある母体をも含めて、それを牽引するための展開をこのシリコンバレーで行っているところが非常に重要なポイントであり、これを実践している彼らは間違いなく次世代に残っていくことのできる会社だなと思う。
加えてそれぞれ既存のコアな技術に立脚しながらも、DISCOは「KIRU、MIKAGU, KEZURU」、Y電機においては「繋げる」に特化して、分野を超えたR&Dとマーケティング展開を行う事によって彼ら自身も改革を加えながら進化していくことをテーマに動いている。
このように時代の流れやトレンドに立脚して進化を遂げていくことが出来るか?という事が、これからの時代を生き抜くためには不可欠だと思うのだ。

自分は今まで今回紹介した中堅企業の下支えもしているであろう多くの中小町工場の皆さんと会い、議論を戦わせてきたのだが、未だにその多くが自分たちの持つ技術のみ、もしくは製品のみを前面に打ち出し、グローバルな視点で市場を見る前に、そこに胡坐をかいてしまっているな~と感じることが多い。確かにそれぞれの技術は評価に値するものかもしれない。しかし、繰り返し言っているように「技術は売れてなんぼ」、売れなければ自己満足の象徴でしかない。それが今の市場のトレンドに貢献できるのか?もしくはそれに合わせるべく進化させることが出来るのかを、精査してく事こそが、これから先、目先の2~3年ではなく5年10年先の発展につながっていくのだと思う。前回と少し関連するのだが、アベノミクスで余裕があるように見える今こそ、進化するという観点から自分たちの生業を見直すことも肝要だと思うのだ。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS