Archive for 03/16/2011

必ず再び立ち上がる!

 日本が未曾有の危機に襲われている。東北関東大震災の信じられない悲惨な被害に加え、福島原発の問題。海の反対側にいてリアルタイムで入ってくるニュースに何も力になれない自分が本当に情けなく思えてならない。
 震災から数日がたち、悲惨な状況がさらに明らかになると同時に復旧に向けた救助活動、支援活動も本格化してきた。GOOGLEによる位置情報を基準とした交通状況や行方不明者の検索など新しいITを駆使した支援体制の構築をはじめ、各地の団体や都道府県の支援、その活動に従事する人たち、そして原発問題の対策にも必死の覚悟で多くの人が頑張っている。
 今回こちら(USA)での報道を見る限りでは、このような未曾有の大災害にまきこまれながらも秩序を損なわない日本人の素晴らしさを絶賛しているNEWSやコメントが非常に目立つ。配給物資の受け取りにきちんと列を作って順番を待つ姿は、世界中のどの国の人々にも驚嘆に値するらしい。普通なら暴動や略奪といった行為が中国の四川やハイチの大地震でもみられたが、このようなことは一切起こらず皆苦しいながらも少ない物資や食糧を共有する姿に世界中の人たちが心打たれている。
 いままでこのブログでは、どちらかというと政治の体たらくに伴う閉塞感のある日本の経済状況を憂慮するような内容が多かったのだが、今回は自分もそんな日本人の端くれとして良かったと思うと同時に、このような連帯感をもってすれば日本は必ず早期に復興し再び立ち上がる!そんな気持ちを強く持った。この先は、支援体制とインフラが早期に確立され、多くの皆さんの活動で未だに孤立した被災者の救援活動のみならずライフラインの再構築に全力を挙げていくことだろう。原発の件も日本の技術力と頭脳の粋を集めれば絶対に解決すると思う。
そして、ひとたび状況が沈静化したら、きっと日本の産業界は、たとえば原子力発電に頼らないような省エネ製品を次々に開発したり、今まで以上に耐震に優れた素材の発明や建築技術を確立したり、ITを駆使し有事に問題なく機能し、個人にも使用できるネットワークシステムを構築したりといった産業を次々に創り上げ、再び技術の先進国として確固たる地位を確保していけるのではないかと思う。

 マヤ文明の暦に起因する2012年の地球滅亡説、ニュージーランドの地震に加え、中近東の情勢不安、そして今回の震災と原発問題、確かにこの説を現実化するかのような状況が続いている。しかし仕事関連の彼らの末裔であるメキシコ人の友人たちは、「そんなことはあり得ないよ」と語っていた。彼らにとって、このマヤの暦というのは2012年以降は新たな世界の創生を意味するのだそうだ。2012年以降に来る新たな創生の世界。日本は間違いなく今回の事態をステップに、その新しい世界に向かって邁進していく気がする。明治維新ですべてのインフラを覆しながら短期間で世界に君臨する近代国家を創り上げ、第2次世界大戦ですべてを失いながら驚異的な勢いで復興を遂げた我々日本人なら絶対に可能だ。
 そんな期待を持ちながら、とにかく被災者の支援と被災地の復興、そして原発問題の一日も早い解決を願ってやまない。日本の皆さん、頑張ってください!

 

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS