Archive for 慣習

武士道の負の影響を変える意識を持つ!

自分の大好きな司馬遼太郎先生の名著「この国のかたち」の中で先生は「名こそ惜しけれ」という考え方が日本人の倫理規範の元になっていると書かれている。平安時代末期、坂東武士の誕生により、今までの寺社(宗教関連)や貴族間にはなかった「自分という存在にかけて恥ずかしいことはできないという意味」をもつこの言葉は、「一所懸命」、「いざ鎌倉」という領土を与えてくれた主の恩義に報いるために忠誠を誓うという「武士道」の基本的な精神として日本人のDNAに刷り込まれている。
この精神によって、日本は明治維新以降十数年で、海外列強に引けを取らない経済力を確保し、第2次世界大戦後は、わずか5年で奇跡の復興を成し遂げ、世界で有数の産業立国となった。
東日本大震災の後、あれだけの大惨事に見舞われながらも大きな略奪や暴動も起こさず、秩序よく配給の列を作り、粛々と復興に全力を尽くしてきた姿はまさに、この精神の成せた技であろう。世界から驚嘆と思われても不思議はない誇るべき国民性だ。

さて、この「武士道」に立脚した国民性だが、実は日本の中小企業にとって、またスタートアップ企業にとって時にネガティブに作用しているのでは?と思う事がある。

少し前になるが、浜松市の金融機関の皆さんと懇談する機会があった。その中で、浜松は歴史的に自動車を中心とした機械産業で地元には多くの優れた中小町工場が沢山あるにもかかわらず、グローバル化や新規事業への意気込みは低いという。理由は長年にわたり培われてきた大手企業との主従関係だ。地場にはSUZUKI, YAMAHAといった大手企業があり、そこの下請けとして長年生活を維持してきた企業の中には、「新たな分野に進出などして、親元の気持ちを損ねないか?」とか「十分な仕事をもらっているのに新しい展開をする余裕があると思われないか?」といった理由で、新規事業への展開やグローバル化を躊躇しているところが沢山あるという。そして大手も「うちが依頼している注文で培われた技術を外に展開してくれるな」という暗黙の圧力をかけているらしい。これでは優れた技術や、グローバル化できる力があっても、忠誠心の為に可能性がなくなっている訳だ。

別の話で、かつてシリコンバレーで活躍し、日本に帰国後、電動モーターサイクルのベンチャー<テラモーターズ>を立ち上げ、インド、バングラデシュを中心に大成功をおさめ、現在は<テラドローン>で新たな市場を切り開いている徳重君。彼は生粋の長州人で、良い意味で、そのDNAがシッカリ刷り込まれており、日本から新たな世界制覇、メードインジャパンの復活を旗印に、あくまで国産電動バイク製造を希求していた。その実現のため世界に冠たる日本のモーターサイクルメーカーを支えている協力工場に同じ市場という考えから電動バイクという新たな市場開拓をオールジャパンで展開すべく、部品供給の依頼をしてまわったのだが、大手傘下のほとんどの企業から「同業の新参会社は相手にできない」「競合になるような電動バイク製造には手を貸せない」、「長年培ってきた、取引先との関係に支障があるといけない」等々の理由で取引を拒否されたそうだ。その後、彼は、新規事業やスタートアップ支援に積極的な台湾のベンダーを開拓。モーター製造をはじめとした多くの企業の協力のもとで、電動モーターサイクルを生産、現在では、インドやバングラディシュでも現地での生産体制を確立し現在に至っている。 もし日本の中小町工場が一丸となって協力し、オールジャパンとしての大成功ができていれば、まさに彼の本望であり、日本にとってもグローバル化を推進するうえで、素晴らしい事例にもなったはずだ。それがなんとも残念でならない。

さて、2016年もそろそろ終わろうとしている。今年も色々な機会に50社近い中小町工場のオーナーの皆さんと会ったり、話を聞いたり、彼らに講演をしてきたが、残念ながら本当に気概を持ってアメリカへの進出を具体化した会社は1社だけだった。勿論、残りの殆どの会社は、上記のようなDNAによって新たな第2創業への展開を躊躇しているとは思わないし、現状を何とかしたいという意思も実は旺盛に違いないだろう。ただ、その奥にある日本人の持つ素晴らしい武士道精神が、無意識のうちにも、自社の展開のみならず新規起業家の展開にも影響している様子が全体からは垣間見れたことも心に残る。

何度も機会あるごとに話しているが、日本の持つ技術や製品はまだまだ無尽蔵にグローバル化のチャンスがある。それを是非とも具体化し実現するためには、あえて、その意識を変える勇気を持つことも必要と考え、本気で臨んでくる企業の皆さんとの対面を2017年は楽しみにしたい。

P.S. 2016年も奔放な駄文にお付き合いいただき有難うございました。皆さんにとって2017年が
素晴らしい1年になる事をお祈りいたします。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

ビッグ3への救済劇をみて思ったこと

  またまた1か月近くブログの更新ができなかった。実は自分にとってのビッグイベントのおかげで仕事もままならない状態が続いていたのが本当の理由なのだが、それにくわえて景気の低迷、とりわけ円高のおかげで深刻な状態に陥ってしまい非常にあわただしくしていたのが、ますますこのさぼりに拍車をかけてしまった。
 さて、12月も半ばを過ぎ、今年もあとわずかになった。アメリカの不況は本当に悲惨で金融各社の破たん劇に次いでBIGなニュースになったのが自動車業界、とりわけビッグ3への救済劇だった。11月より話題に上り始め、一回は否決された救済策がブッシュの後押しにより最終的にはクライスラーとGMに対して約1兆5000億円の短期融資が決定したのが先週末(19日)の話だった。確かに彼らが倒産すればその波及効果は、20万人といわれる従業員の失業みならず世界中の協力企業や関連業種へと広がることは免れず、これを機会になんとか復活してもらいたいものだが、果たしてうまくいくかどうか。これからが本当の試練ではないかと思う。エグゼクティブがいままで普通に得ていた数億円の報酬ををあきらめることは、たやすいことだろう。しかしながら長年培われ踏襲されてきた会社の体質や姿勢、従業員を取り巻く環境、そして肥大化して権力を持ちすぎた労働組合の存在などなど、はたして本当に再建に向けてこれらのベクトルが同じ方向に動き始めるかどうか。これが非常に大きなカギになるのではないかと思う。
 私にはアメ車に関して忘れられない思い出が2つある。いづれも20年ちかく前の話になるが、ひとつは1988年に最初に会社を設立した際、社有車として新車で購入したGMのビュイック(確かセンチュリー)の水温計に針がついていなかったことだ。最初は針が水温に伴って上昇してこないのかと思った。で、よくよく見ると針がついていなかった。もちろん針がとれておちた形跡もない。早速ディーラーにクレームに行くと「あ、そうですか、すみません。すぐに交換します」と、何とも事務的に処理された。その時の対応が本当に「まあよくあることなので」的な感じを受けたので、針がついていないものが市場に出てしまうという信じられないお粗末さの品質管理はもとより、それを当然のごとく処理するディーラーの対応が、かなり印象深く、いまでも忘れることができない。そしてもうひとつは、当時(たしか1989年ぐらい)私の販売していた品質管理用のテスターの売り込みにGMの電装品生産最大手だったDELCOエレクトロニクス(インディアナのKOKOMOという町だった記憶がある)行った際、製品のプレゼンをして、「弊社の製品の最大の特徴は、その信頼性だけでなく、すぐれた性能により、検査工程の人員削減にも貢献します」と説明したところ、担当マネージャーから「あ、うちは人を削減できるような製品は組合がうるさいから導入はむずかしいな」と、はっきり言われたことだ。自分の今までの理解では自動化により人員の削減ができるということは、設備導入(選定)では最重要な条件だという認識だったのに、その特徴があっさりと否定されてしまったことに、驚きというより「へえ、こういう考えもあるんだ」と妙に感心し、これまた強く記憶に残っている。どちらの話も20年も昔の話なので、もちろん未だにそんなことはないと思っていたのだが、今回、救済が必要なほど業績が落ち込んでしまった背景には、相変わらず同じような品質管理、同じような組合の存在といった状況がそのままなのかな?などとも考えてしまった。まあ、この考えが正しいかどうかは今後の彼らの立て直しが本当に、うまくいくかどうかにかかっていると思うのだが、少なくとも昨今の自動車販売台数のベスト10の車種の中にビッグ3の車種が一台もないという現状が変わらなければ立て直しは難しいと言わざるを得ないというのが正直なところだ。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

サマータイム

 今週日曜日の午前2時で今年のサマータイムが終了した。これで日本と同じように夕方の5時に日没となる。サマータイムはご存知の通り4月の最初の日曜日か ら10月最後の日曜日まで時計を一時間ずらして昼間の時間を延長することによって省エネと経済効果をもたらす制度だ。このサマータイム本当に素晴らしいな と常々思っている。夏至前後では9時近くまで明るい。仕事の後にゴルフでいえばハーフを回ることができるし、照明なしでテニスの試合でもサッカーの試合で も十分に楽しむことができる。経済効果はかなり大きいとおもう。もちろんその分朝が遅くなるのだが、それでも通常人々が活動を始める6時に照明は不要だ。 全国民が1時間電気を使用しないのだから省エネへの貢献も計り知れないのではないか?日本でもぜひ取り入れてもらいたい制度だと思うのだが「日があると、 その分働いてしまう」とか非常に保守的な理由で採用されないと聞いたことがある。日本はすでにそういう慣習から脱却し新たなゆとりある創生の社会になるの ではないのか?夏場の朝4時は十分明るい。この自然の節理を利用してクールビズなど(確かに素晴らしい制度だが)よりも、抜本的な方法で一挙にエネルギー 削減に着手することをもっとまじめに考えてもいいのではないか?
以前から毎年考えていることなのだが、首相も変わったことだし日本でも真剣に検討してもらいたいものだと思う。

 

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg
  • Google Buzz
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS