「フューチャリスト宣言」を読んで

 

 「ウェブ進化論」の著者である梅田望夫さんから、最新刊の「フューチャリスト宣言」を頂いたので早速読ませていただいた。本書は脳科学者の茂木健一郎さんと梅田さんの対談を中心にまとまられたもの。インターネットによって変わりゆく社会をどのように理解し、それらのツールを生かしながら可能性を追求していくか。またそれによってもたらされるであろう近未来の世界をどのように生きていくか。という詳細について様々な角度から語られている。細かい内容に関する感想は別にして自分にとっては正直なところ、すごいインパクトだった。というのも理由は簡単で、自分自身が本誌に書かれている検索エンジンやBLOGやYOU TUBEといった現在すでにTOOLとして使っているサービスや技術について、ただ便利だとか面白いといった範疇でしか認識していなかったものが、実は別のもう一つの世界を構築してしまうほどのすごいものであり、その奥深い部分は自分の想像を絶する可能性があるということがわかったからだ(というか知らなかったほうがおかしいんですが…)。少なくともYAHOOやGOOGLEが世の中に出てくる前からシリコンバレーにいながら、このような大変革を客観的にしか眺めてこなかったり、欲を出して恥ずかしい話、ただ株に走ったり利殖の手段としてしかITバブルを考えていなかったであろう情けない自分とは違い、同じ地で、このような流れをここまでの洞察力をもって(特に2000年以降)掘り下げて考えてこられた梅田さんに脱帽(もちろん「ウェブ進化論」の衝撃と併せて)。そして同じことを何度も言うようだが何より自分自身が、この地でITバブルのゆりかごから墓場(ITバブルが崩壊した2000年までを一応区切りとして)までを体験してきたのに、それが自分自身の生業にほとんど生かされていないと言うか、そういうことをあまり考えても来なかったことへの後悔というか反省を促すきっかけとった一冊になった。
 本書では、グーグルの到来を日本においては幕末以来の「黒船」と表現しているが、幕末日本の黒船到来をうけて、それに委縮せず逆に触発されてグローバルな可能性を見出し、国際社会へビジネスでの殴りこみという野望を抱いて奔走していた坂本竜馬のように、自分もこの21世紀の黒船に触発されて自分の分野で可能性を追求する、とにかく理屈抜きにそんな未来に賭けるフューチャリストになりたいと思った。
 さて、そのためにはどうしたらいいのか?私の今の生業は製造業、いわゆるものつくりに深くかかわっている。この業界では、このようなインターネット、ウェブを中心とした社会から見た場合、自社商品のマーケティングやオンライン販売、物流を変える手段としてのIT化は非常に効果があるようにも思えるが、具体的なスペックの詰めやQC、改善アイデアの模索やコストダウンのための行程管理など、実際に現場に足を運んで確かめないことにはどうしようもない業務が大部分を占めていることも事実だ。オフィスに座って現場の生産状況をモニターの数字で把握しているだけでは、やはり現場のコスト軽減、改善や品質管理は難しいと思うが、これをいかに最新のインターネット技術をもって変えていくか、その可能性を追求してみる事は十分にやりがいと手ごたえのあるものだと思う。もちろん今はまだ具体的なアイデアもないし非常に難しいとは思うけれども、せっかくシリコンバレーにいるのだから、このゼロではないであろう可能性に、これからは少しづつでも力を注いでみたい。

P.S.梅田さん、本当にありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です